肌にとっても優しくて安心できるオーガニック化粧水!

無添加の化粧水と何が違っているの?

敏感肌の人は肌のバリア機能が上手く働いていないので、本当なら肌にとってダメージにならない程度の刺激も負担になってしまいます。スキンケア用の化粧水で肌荒れを起こす人もいるくらいです。もし肌に合わない化粧水でスキンケアをしているなら、低刺激の化粧水に切り替えてみてください。これまで悩まされていた症状が止むかもしれません。漢方やハーブとして、昔から愛用されてきた植物の成分を配合した化粧水は肌に優しいですよ。特に材料となる植物が、栽培される土壌から徹底して管理して作られたオーガニック化粧水がおすすめ。よくオーガニック化粧水と混同されがちな無添加化粧水ですが、こちらはパラベンや界面活性剤など、特に刺激の強い化学成分を未使用のものを言います。オーガニック化粧水を使うなら、これらの添加物を未使用のものを選んでおくとより肌をいたわることができるでしょう。

化粧水の力をちゃんと発揮させるには

オーガニック化粧水も、正しい使い方をしないとその美容効果を十分に発揮することができません。まずは肌に塗る前に手で温めておきましょう。顔を洗って清潔な状態にした後、なるべく早く化粧水を馴染ませていきます。肌に余計な刺激を与えないように、コットンなどは使わずに手を使ってスキンケアをするのがポイント。口元など特に乾燥が気になる部分は、化粧水を重ね付けしていきます。勿体ないと思わずにたっぷり肌になじませた方が、しわができにくいんですよ。顔に触れた時に、手のひらがくっつくようになるかどうかが目安です。

品川美容外科の起訴について詳しく