大豆の健康効果を生かすための上手なとりかた

若々しさはタンパク質と運動で保たれる

大豆に含まれる良質なタンパク質は、筋肉や肌、髪の材料となって、健康で若々しい体をキープしてくれます。さらに、抗酸化作用にすぐれ老化を防止するイソブラボンや、便秘を防ぐ食物繊維など、大豆には女性の体にうれしい成分が豊富。これらの効果を最大限に生かすには、大豆を食べるだけでなく、運動をプラスするのがポイント。体に適度に負荷をかけることで細胞が活性化し、栄養成分の吸収率が高まるほか、血行がよくなって体のすみずみまでそれらが運ばれます。

こまめに継続してとることが大事

一度にたくさんの大豆を食べても、消火器官に負担がかかって栄養成分が効率よく吸収されません。また、栄養成分を体内に長時間ストックすることもできないため、大豆は「こまめに&継続してとること」を意識しましょう。そこで、大豆を使って納豆や豆腐、油揚げなどの食品をメニューに積極的に取り入れるほか、しょうゆ、みそといった大豆が原料の調味料や大豆油を料理に利用するのもおすすめです。

食事以外でも簡単にとることができます

食生活の欧米化にともなって日本人の大豆の消費量はしだいに減少し、現在は、若者世代を中心に目標摂取量を大幅に下回っています。不足分を補うためには、大豆を使ったお菓子や機能性食品など、手軽にとれる市販の大豆製品を利用するのもひとつの手。スーパーやコンビニなどで手に入る大豆製品は、食事で大豆がたりないときに便利です。常備しておいて、おやつや小腹がすいたときの間食に。また、ティータイムのコーヒーや紅茶には、牛乳を加えてもいいでしょう。

品川美容外科の判例まとめサイト