美容のために効果絶大!表情筋を鍛えてイキイキ笑顔

表情筋を鍛えると、どんないいことがあるの?

表情筋とは、顔にあって目や口を動かしている筋肉のことです。この表情筋を鍛えることで、いろいろな美容効果が期待できます。
まず、筋肉を動かすことで血行が良くなり、肌がつややかになりますし、血流の悪さが原因の目の下のクマやくすみが改善されます。顔の筋肉が衰えるとその上の皮膚を支える力が弱まって、皮膚がたるんでいき、二重あごやほうれい線ができる要因になってしまいます。ですから表情肉を鍛えると、顔のラインが若々しくシャープに見えてきます。また、表情が生き生きして感情表現も豊かになり、魅力的な笑顔を作れるようになります。

表情筋はどうやって鍛えるの?

人間の筋肉は使わないと衰えて、よく使って鍛えると発達するという特性があります。アスリートが毎日訓練するように、表情筋も毎日少しずつ訓練しましょう。
まず、顔の筋肉を意識しながら、目や口を顔の中央にぎゅっと寄せるようにして、「すっぱい表情」を作ってください。5秒間そのままにしたら、次は、逆に外に向かって広がるイメージで目をパッと開き、鼻の下も伸ばし5秒間そのままでキープします。これを5回繰り返してください。次に口を大きく開けて「あ」、横に広げて「い」、口をすぼめて「う」と言ってください。これも5回繰り返します。これだけでも顔が温まって血流が良くなった感じがするでしょう。ほうれい線が気になる人は、頬を膨らませ口に力を入れて閉じ、その後、息を吐き出す訓練をしてください。目の下のたるみを防ぐためには、目の周りの筋肉を鍛えましょう。目を閉じて目頭と目尻に軽く指を置いて、筋肉の動きを感じながら薄く目を開けてみてください。このようなエクササイズによって、表情筋を鍛えることができます。

品川美容外科の裁判について詳しく