美しい肌のために! 気をつけたい空気の乾燥

気がつかないうちに乾燥している空気

日本の夏は湿度が高い傾向にありますが、秋や冬になると急激に空気が乾燥します。この乾燥は美しい肌には大敵です。本来、人間の皮膚には空気の乾燥に対応するために皮脂を分泌する機能があり、皮膚から水分が蒸発するのを抑えています。しかし体質や加齢などにより皮脂を分泌する機能が弱くなり、皮膚がカサカサしてしまうことはめずらしくありません。皮膚が荒れてくると、かゆみが生じるなどして美しさを損なう原因になりかねません。室内では過度に空気が乾燥することのないよう、配慮することが大切です。体質として皮膚がカサカサしがちな人は、皮膚科で保湿用のクリームを処方してもらうとよいでしょう。

部屋の空気を加湿するには

肌のうるおいを保つため、秋や冬には湿度に気を配ってください。感覚だけでは湿度を把握しにくいので、まずは湿度計を設置することが対策の第一歩です。効果的な加湿のためには、加湿器の利用が最適です。加湿器は単体で売られているのはもちろん、エアコンや空気清浄機に加湿機能がついている場合もあります。加湿のしすぎは悪影響もあるので湿度計でチェックしましょう。自宅ではいろいろと対策できますが、旅行先のホテルではどうすればよいでしょうか。部屋に加湿器が備わっている、または貸してくれる宿泊施設もあります。加湿器の利用ができないときは、部屋の風呂にお湯をためて、浴室のドアを開けておきましょう。乾燥する時期はこれらの対応をすれば、美しい肌を保てる可能性が高くなります。

品川美容外科の訴訟まとめサイト